Menu

【宿泊体験その2】かやぶき古民家”大木邸”の周辺散策!



 

こんにちは!

今回は宿泊体験を終えたインターン生が、翌朝訪れた周辺スポットをご紹介します♪

宿泊体験はコチラ

http://okitei.info/ohki/73/amp/

 

今回は車で送っていただきました、、ありがとうございます!!!

烏山まで来る方は車があるとさらに便利かもしれませんね。

 

それでは、しゅっぱーーつ!

時刻は9:30。一行はまず和紙工場へ。

残念ながら、この時はGW真っただ中。和紙工場はクローズしていました、、残念。外からじろじろ眺めると、昔ながらの機械がいっぱい。でも、この伝統的な和紙の作り手は激減しているため、和紙を作るための機械も生産数が少なく、数年待ちなんだそう。外には和紙のかけらみたいなものが干されていました。

営業しているときに行けば、手すきの体験もできるそうですよ!夏休みの自由研究とかにいいかも。

和紙の里

http://www.fukudawashi.co.jp/publics/index/43/

 

廃校している小学校へ。。。

文字で見るとなんだか心霊スポットのような感じがしますが、実際には自然がいっぱいのお庭がひろーい小学校でした。使われていないのがもったいない!

もちろん中には入れませんが、校庭には朝礼台やブランコがそのままになっていました。このひろいスペースでなにかイベントできないかなあ。地方の廃校舎はどんなふうに活用されているんだろ。これもこれから考えます!

ちなみにブランコのそばの藤が満開でした。

 

お父さん必見!ひんやーり冷たい洞窟酒蔵

お次は島崎酒造さんのどうくつ酒蔵へ。

外は長そで1枚くらいで丁度よかったのですが、洞窟の中は思わず「さむっ!」と言ってしまうくらいひんやりしていました。

この天然のクーラーを利用して日本酒を熟成させているそう。

中にはボトルがびっしり!オーナーズボトルというシステムでマイボトルを預け、記念日まで保存している方のお酒がたくさんありました。

洞窟自体は10分程度で1周できたのですが、道が広く整備されていました。戦時中、戦車の整備に使われる予定だったそうです。

http://azumarikishi.co.jp/tour/

 

 

烏山名物、山あげ祭り

 

そこから車ですぐ、山あげ会館に向かいます。

山あげって、なに?と思っていたら、烏山の和紙に山を書いたものを人の手で上げる、という意味らしいです。大きさはなんと10メートル!

実際に使われている大屋台や、その歴史が分かるミニチュア劇が楽しめます。これも写真を撮り忘れたのがざんねん、、ですが、この迫力は行ってみないとわからない!ユネスコにも登録されているという山あげ祭り、ぜひ会場でお目にかかってください

http://www.nasukara-yamaage.jp/y_kaikan/index.html

 

 

時刻は12:00。お腹がすいて来ました。

向かったのは、お母さんたちがボランティアで運営しているという35番館というレストランへ。

火水木しか営業していないというこじんまりしたレストランですが、奥の棚には色とりどりのティーカップがズラリ。内装がとっても可愛い!

気さくな奥さんたちがお出迎えしてくださいました。

料理の写真を撮るのを忘れてしまったのです、ああああ

ワンプレートに盛られたお野菜、おにぎり、焼きそば、ジャム、は絵本に出てくるような可愛さ。どれも家庭で出てくるような優しい味わいでお腹いっぱいになってしまいました。これは食後のコーヒー。

 

おなかいっぱいと書きましたが、デザートは別腹。たまたまメロンのタルトが焼き上げていたので、いただいてしまいました。うーーしあわせ!


ほら美味しそうでしょ。

ごちそうさまでした!

https://tabelog.com/tochigi/A0904/A090403/9014141/

 

時刻は13:00。新幹線まで1時間あるということで、近くの龍門の滝に行くことに。

大迫力、龍門の滝


どーん

前回の記事でもご紹介しました。

http://okitei.info/tochigi/nasukarasuyama/31/amp/

 

空はピカピカ、滝はごうごう、気分はすっきり!

思い切りリフレッシュすることができました。

 

 

午前中だけでもこんなに回れて大満足。周辺の魅力的なスポットはまだまだあります。これからどんどん発信していきます!お楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です