Menu

【宿泊体験】大木邸に泊まってみた



こんにちは!

この度、大木邸でインターンとして働かせていただく、いずみん、いおりん、そんじょうです!3人とも生まれは首都圏、あまり田舎には縁がなかったのですが訳あって茅葺屋根の素敵な大木邸の運営に携わることとなりました。ワクワクドキドキです!

 

 

「1度お客さん目線で大木邸に泊まりにおいでよ!」

社長!いいんですか!ぜひ行かせていただきます!

とのことで、何も知らない私たちはさっそく大木邸へ向かいました。宇都宮駅で新幹線から降り、車両が2両しかないローカル線、烏山(からすやま)線に乗り換えて、終点烏山駅を目指します。1時間に1本しかないのが少し不便ではありますが、東京駅からたったの2時間!大学の授業後でも余裕でした。

駅に着くと、大木邸の方が車でお出迎え。楽しくおしゃべりしながら10分ほどで古民家”大木邸”に到着です。時刻は夜6時。

わー!すごい!タイムスリップしたみたい!

ごくふつうのお家や畑の中に大木邸はあります。伺うと〇か月前に茅葺したばかりなんだとか。下から見上げるとぎっしりつまった茅葺が分厚い層を作っていました。

 

部屋はふすまで区切られた3部屋で、とっても広々しています。中はひんやりしていて、畳の良い香り。さっきまで東京の人混みにもまれていたから、そのギャップがすごい!おちつく~~。

囲炉裏には火がついていて煙がもくこく、雰囲気もばっちりです????

(うっかりしていて内装の写真を撮るのを忘れてしまいました、、、)

 

一息ついたところで、、晩御飯♪

せっかくなので、箱膳でいただきます!気分はお殿様。

近所の小学生がわざわざ採ってきてくれたノビルはお味噌をつけて、

トマトのソテーと豆腐ハンバーグだの、炊き込みご飯だの、たけのこ、なす、メロン、お味噌汁、、とーっても豪華!

新鮮なお野菜はとびきり美味しくて、コンビニ飯ばかり食べている私の体に染みわたりました、、

野菜が苦手なお子さんでも、これなら食べれてしまうのではないでしょうか?

久しぶりに正座で食事したので、食べ終わるころには足がじんじんして立てませんでした(笑)なさけない。

 

 

お風呂は五右衛門風呂か普通のお風呂を選ぶことができます!

私たちは普通のお風呂に入りました。離れにありますが、綺麗に改装されたばかりで虫などを気にする心配も無用です。シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーなどのアメニティーも揃っているので助かります。

さっぱりしたところで浴衣に着替えて、備え付けだったカフェオレを飲みながら女子トーク。これがどうしようもなく楽しいんだよねえ。田舎のおばあちゃんも昔はこんな風におしゃべりして夜を明かしていたのかなあー。

 

布団を敷いたら、カエルの鳴き声を聞きながらおやすみなさいzzz

 

 

おはようございます!

引き戸をあけたら朝陽がいっぱいに差し込んできました。

なんか鳴いてる・・?と思ったら、ヤギの正雄君が朝食タイム。

 

私たちも朝ごはんにしよう!

ウドの葉の卵とじ、お粥、鮭など ザ・日本の朝ごはん。

ありがたい。しみるううう。

やっぱり、パンよりごはん!

 

 

インターンとして働くことが決まって突然の大木邸訪問でしたが、大大大満足な日本の田舎へのタイムスリップでした。綺麗な空気や新鮮な野菜でエネルギーチャージをして、実は初対面だったインターン生の私たちもだいぶ仲が深まりました。(と私は思ってます笑)

 

 

 

都会の喧騒で疲れ切ったあなた!

お子さんに田舎体験をさせてみたいお父さんお母さん!

日本に観光に来た外人さんなど!(日本語読めないか⁇)

大切な人を連れて、ぜひ古き良き日本の田舎を体験しにきませんか?

私たちインターン生がこれから楽しい企画やパンフレット作成を行うので、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です